卒業生・インターン生紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〜辞められた方からもコメントを頂きました〜

●プロフィール
・現在の職業:イギリスの大学院1年生
・出身大学:青山学院大学国際政治経済学部
・PSF加入時期:大学2年か3年の10月から大学4年の8月あたりまで
・趣味等:バンドでベースをやったり個人でバイオリンをやったり、スポーツのバスケをするのが好きです

 

●PSFでの活動はぶっちゃけどうだったか教えて下さい。

 

自分は今イギリスの大学院に進学している状態なので、会社に入ってからというコメントはできないのですが、

 

やはりPSFで自分にとってプラスになった点は、周りには自分より頑張っている人間が山ほどいるって知れたこと。新入社員としての活動の一部(例えばテレアポのリスト作成から、訪問受注まで)を学生の期間中に知れたこと。それから何より経営者である長嶋さんや、SCOUTERの中嶋太郎さんの考え方や、行動方針の一部を間近で見れたことです。

上記のおかげで、今まで抽象的だった営業活動というものが、もっとディテールに沿って考えることができたこと、また考え方に触れることで更にポジティブに仕事を考えられるよう(もしくは考えるように努力するよう)になりました。

 

逆にPSFのマイナスイメージは、抽象的になりますが、空気感ですかね。「みんなが必死になってやっている」ということが、逆に怠けてしまいがちな自分と対照的に写り、途中からPSFに行くのも嫌になっていました。能力に応じて表彰されるのは、これから先ずっと基本となる考え方なのですが、「大学生であり1番楽しい時期の自分が、なぜこうして周りと比較させられ、そしてそれに劣等感を抱かされるのか」という情けない反抗心が芽生え、そこから自分は徐々にPSFに行かなくなりましたから。

所属イギリスの大学院1年生
卒業年度