f
長期研修をお探しの中小企業経営者さまへ 4月入社の時点で即戦力となる人材を育成できます

お試ししやすい研修です

せっかく時間をかけて採用までもっていったのに辞めてしまう…

さらにこのようなお悩みありませんか?

あなたは、採用選考の場で、その新卒者が自社に合うかどうか見極めることができれば、良い採用ができると思っていませんか?

時間をかけて面談や実習を実施したり、会社理解を深めるセミナーを用意したり…。求める人材を採用するために、採用選考の内容に工夫を凝らしている企業さまが多いでしょう。

しかし、それだけの施策をとっていても、採用した人材が入社直後に辞めてしまった…というケースは後を絶ちません。

このような採用のミスマッチが発生すると、採用活動自体に問題があったと考えてしまいます。その結果、求人募集の広告原稿を見直してみる、採用選考の内容に新しいワークを取り入れてみる等、手探りで解決策を模索することが多いのです。

採用選考さえしっかりしていれば大丈夫 そう考えていると入社後に大きなミスマッチが起きます

採用選考で見極めさえすれば、その後は自社で採用した新人が大活躍してくれるだろう。そう考えたいのは理想の一つです。しかし、採用した人物が思い通りに動いてくれるとは限りません。

そのため、会社側は内定者に対して研修をして、自社に役立つ人材として育てる必要があります。しかし、内定者研修は簡単に実施できません。

研修をするには、研修を実施する人材の確保が必要で、研修の内容も考えなければいけません。準備した研修内容が、本当に内定者に役立つものなのか、その確証もありません。

目的が曖昧な研修を実施しても、結局、入社後に新人が辞めてしまうというミスマッチが起こってしまいます。

やっぱり辞めます…を防ぐためには入社前にしっかりと研修でフォローすることが重要です

入社後の「やっぱり辞めます」を防ぐためには、入社前の研修で実務への耐性をつける必要があります。

研修内で実践的なプログラムを受けることにより、内定者は現場のイメージをもつことができます。さらに入社後、即戦力として働けるようになるため、やりがいを感じてもらえるようになるのです。

また、実践的な研修を実施することで、得意不得意があぶり出されます。
苦手な分野が見つかれば、企業さまはそれを踏まえて人員配置を考えることができます。
なおかつ内定者は「入社までに訓練しておこう」と、対策をとることができるのです。

他にも、想定していなかった得意分野が見つかれば、入社直後から、その得意分野を活かして働くことが可能になります。

入社前の研修を行うことは、企業さまにとっても、内定者にとってもたくさんのメリットがあります

  • 得意不得意がわかり、人員配置を最適化することができます
  • 研修で実務をするので、入社後に即戦力になります
  • 現場で即戦力として働けて、やりがいを感じてもらえます

中小企業経営者さまの育成のお悩みをPSFの研修が解決します

お試ししやすい価格です

なぜ無料なのか?

当社のサービスを販売していただくからです。 当社の業績をあげる営業研修生として受け入れるため、研修費は無料なのです。
「仕事を通じて成長する」、それが当サービスの目的です。教育研修の限界は、実務指導ができないことです。当社の内定者研修では、仕事への姿勢や考え方だけではなく、具体的な技術指導を通じて、内定者本人が納得できる行動変化を起こすことができます。
また、教育費というのは、不景気・会社の業績が下がると削減される項目です。しかしながら、経営者の本心は、「社員の生産性を上げるために教育投資をしたい!」ではないでしょうか。
そのため、教育費をかけることなく、更に入社前の3ヶ月~6ヶ月をかけて入社後は即戦力として働いてもらえるような入社前教育研修を実現しました。

国内唯一

PSFだけができる内定者研修です

  • 最少人数 1人から受講可能です。
  • 丸投げできるので、
    研修内容の
    準備をする必要がありません。
  • 週に2,3時間の短時間でも可能です。
  • 入社後にやっていたマナー研修も

    入社前に受講可能です。

“丸投げ

内定者研修の経験が豊富な専門家が、各企業さまに合わせた研修を実施しています。
ただ"丸投げ(=研修依頼)"をするだけで、内定者は品質の高い研修を受けられ、スキルを身につけることが可能です。

内定者が日程を選び参加するシステムなので、採用担当者が日程調整に手間をかける必要もありません。今まで調整にかかっていた時間がなくなるので、業務が滞る心配も減ります。

14年間学生とかかわり、即戦力人材を育成してきたノウハウを活かしています

株式会社キャリア・ナビゲーション 代表 長嶋 哲夫

前職の鉄鋼専門商社にて、新卒採用の成功と内定者辞退を0名にし、他社からも内定者辞退防止の相談を受け、大手生命保険・飲食チェーン・コールセンターなどのコンサルティングを担う。また、出向先のマネジメント体制を整え、社員満足度向上や離職対策につとめる。

その後、キャリア・ナビゲーションを設立し、インターンシップ事業「Professional Student Firm」を運営し、毎年60以上の大学から300名の高校生・大学1~4年生を受け入れており、7年間でインターンシップ卒業生600名以上を輩出し、楽天、パソナ、リクルート等で新人賞を受賞する卒業生や起業家を多数輩出している。

また、流通経済大学経済学部起業家育成講座と中央工学校情報ビジネス科 必修科目の教員を担当している。

著書に「一歩踏み出す勇気が出ないと思ったら読む本」

一歩踏み出す勇気が出ないと思ったら読む本

はじめまして、PSFを運営している株式会社キャリア・ナビゲーションの長嶋哲夫と申します。

私は、前職の人事経験から、新卒採用は、どんなに面接を重ねたとしても自社に合っているかどうか、またパフォーマンスを発揮してくれるかどうか、100%見極められないと確信しています。

『働いてみないと分からない』、それが結論です。
特に新卒者は、入社してから、こんなことは起きませんか?

・電話もかけられない、正確にとりつげない。
・タスク管理ができない、何度も納期に間に合わない。
・よく遅刻するし、体調を崩してよく休む。
・精神的につらくて働けなくなる。

上記のことは、事前にトレーニングして何とかできること、またトレーニングしても何ともならないこともあります。
どちらにしても、入社前に働いてもらって、確認してみないと分からないことです。

・自社で入社前アルバイトとして働いてもらっている
・入社前は働かせないポリシー

これ以外の企業さまは、当社の入社前トレーニングを試してみてはいかがでしょうか。

私は、本気でミスマッチを無くしたいのであれば、入社前に最低3ヶ月間は働いてもらう必要があると思います。
これは、本来当たり前のことではないでしょうか。入社後は、新卒者に対して給与が払われているため、自社に貢献してくれることが最重要でしょう。

PSFは、即戦力育成の実績が評価され、日本経済新聞にも取り上げられました

日本経済新聞

実際にPSF研修を導入された企業さまからお喜びの声をいただいています

「収益をうみだす」「顧客をつくる」という成果を上げるためのプロセスが学べる研修です

株式会社リスティングプラス
代表取締役社長 長橋真吾

入社前に即戦力になる人員育成を行いたくて研修ができるところを探していました。

しかし、当時の内定者の人数は3人でなかなか受け入れてもらえる会社がありませんでした。また、やっと受け入れて貰えるところを見つけても価格が見合いませんでした。

そのような時に紹介されたのがPSF研修でした。
PSF研修では内定者の勤務する日時がバラバラでも、受け入れて研修を行ってくれます。

研修で自信をつけた内定者は、積極的に行動し、入社後には新人賞をとるなど活躍の場を広げています。これは本人はもちろん、会社にとっても嬉しいことですね。

他社の研修は講座形式・ワークショップ型の研修会社が多いなか、PSF研修では実務経験を積むために、実践しないとわからないことが多く学べたり、
ストレス耐性も身についたのではないかと感じています。

入社前に即戦力となる人材育成を行いたいと思っている経営者さまには是非導入をおすすめします。

その他企業さま、研修生の実績 PSF研修生(現役大学生)の実績

大手IT企業
PSF研修を経て、2014年に入社後、新人賞を獲得。
大手不動産会社
PSF研修を経て、2016年に入社後、新人賞獲得。
大手広告会社
PSF研修を経て、2015年に入社後、新人賞獲得。また、2016年にはイノベーション賞を獲得。
大手インターネット広告会社
PSF研修を経て、2015年に入社。2016年に全社準MVP賞を獲得。

内定者研修は離脱を防ぎ、さらに即戦力となる人材を育成できます

  • 入社後に、研修受講者が即戦力となり成果がいち早くあがります
  • 入社後の昇格が過去最速になるほど、優秀な人材に育ちます
  • 選考じゃ分からなかった内定者の特徴が分かり、入社後のフォローに活かすことができます
  • 入社後の離職が減り、安定して人材育成ができるようになります

「過去最速で昇格した」など、早期に結果を出す人材が多数輩出されています。選考では見えなかった内定者の特徴も把握でき、入社後のフォローに役立ったとの声も。入社後離職低下、ミスマッチの早期発見でいち早く内定を辞退した例も報告されています。

よくいただく質問

研修場所はどこですか?
弊社の市ヶ谷オフィスです。
内定者は何名から受け入れ可能ですか?
1名様から可能です。
内定者が通う頻度はどのくらいですか?
また曜日や時間帯は決まってますか?
週1日、平日の9~18時で自由にお選びいただけます。
週1日から可能ですが、週5日でも月額費用は変わりません。曜日は月〜金曜の9時〜18時までの間でしたら自由にお選びいただけます。
内定者が複数人数の場合、
個別に通っても問題ありませんか?
問題ありません。
内定者各自のスケジュールでお越しいただき、研修を受けることが可能です。
自社サービスを内定者に
販売してもらうこともできますか?
できますが、指導が甘くなります。 当社サービスの営業を通じて、具体的な技術指導ができます。仕事からみられる言動を成果に導くことで、内定者本人の姿勢や考え方も変化していきます。
この研修は、どんなサービスを販売する上でも、必要な営業スキルや姿勢を学ぶことを目的としています。
研修期間はどのくらいが望ましいですか?
最低3ヶ月間の期間をおすすめします。
研修は最大6ヶ月間まで受け入れることができます。3ヶ月間というのは、成果に対する壁や自分の課題に気づく期間と見ていただければと存じます。
この研修に参加すると何が変わりますか?
入社後に成果をあげるスピードがはやくなります。
また入社後1年以内にネガティヴな辞め方をする新人がいなくなります。
研修の報告書のようなものはありますか?
はい、あります。
内定者各自に対して、成果をあげるための本人の課題や育成上のポイントをコメントさせていただきます。
途中から研修参加者を増やせますか?
はい、可能です。
月初で増やすことが可能です。
途中で内定者が辞退したら、
キャンセル料は発生しますか?
発生しません。

追伸

依頼された企業さまは
「本当に任せて良いのか……」
「研修にいったら、研修先企業に染められてしまわないか」
と懸念されています。

しかし、そんな心配もありません。

研修の依頼を受けた企業さまのヒアリングをしっかり行い
帰属意識を持たせられるように研修内容を組み、関わっていきます。

その為、別企業の色に染まることなく
自社の理念を理解し、帰属意識を持つようになります。

内定者全員が、成果にコミットする、そんな
教育制度を一緒に創りましょう。

長嶋哲夫

お問い合わせフォーム

クリックして説明会の詳細を確認する