インターン生ブログ

PSFって、ぶっちゃけ怪しい団体ですよね?

2017/02/27

企画・マーケWEB-IT

こんにちは、web企画チームlegendersのくにいです。

 

今日は、かくも怪しいインターンシップの実態について赤裸々に語ろうと思います。

 

PSFのホームページや広告を見ると、なんとも、怪しさ全開じゃないですか?

 

私は形から入る人間なので実を言うと「PSF」って名前自体がもう、怪しいです。

 

なんかの略称ってことは分かるんですけど、なに、略して隠さないといけないくらいの隠語なの? みたいな。

 

正式名称聞いても、あ、正式名称は

「Professional Student Firm」

っていうんですが、

 

え? プロ生徒の牧場? みたいな。

 

ヤバ! みたいな。

 

私のようなアホはすぐファームを牧場と訳したがりますよね。けど安心してください、アホなだけですからね。

牧場じゃないですよ。

 

 

たぶんね、PSF生の数十人はFirmのことを牧場だと思ってると思うんです。

 

けど、牧場はFarmですからね。

 

5分前の自分に言ってます。

 

牧場的な、家畜的な、意味だと思ってたよね。

 

モー。

 

 

勘違いしてた人は、こっそりでいいからちゃんと辞書ひいといてくださいね。

https://eow.alc.co.jp/sp/search.html?q=firm&pg=1

 

 

 

とにかく、事務所とか会社とか、そんな感じの、まあ団体的な、そんなような意味なんですよね。

 

 

なんて訳すかなってチームメンバーに聞いたら、

 

専門性の高い学生集団かな、ってお返事がきました。

 

 

そう、ここで本題に戻りますが、PSFで専門性の高いことってなにをしてるかというと、ずばり、「お金を稼ぐ方法を学ぶこと」だと私は思っています。

 

 

いや、パチンコ当たる確率を計算するとか、闇金の取り立て方法を勉強するとか、そんなことは全くしてませんから、安心してください。

 

そうではなくて、PSFでは、営業や企画を自分の仕事として経験することで、

「なんで自分がお金をもらえてるのか」

「なんで社会でお金がこんな風に動いてるのか」

を身をもって体験できるんですね。

 

体験できるだけじゃなくて、一生モノのスキルが身につくし、社会を動かした分だけ金が稼げるんです。

 

仕事に真剣に向き合って取り組めばその分だけ、稼げます。

楽じゃないですけどね。楽しいときもあれば、成果がでなくてどちゃくそしんどいときもあります。

 

でもそれで手にしたお金の重さ、たとえ数百円でもいろんな感情が詰まって何倍もの価値に感じることができます。

 

 

 

PSFでの経験はいくらでも応用がきくので、そのへんが就職活動にも有利になるんでしょうね。

 

というか私も、GPAが1を切ったことのあるクソ成績を隠しつつ、PSFの活動をアピールしつつで、内定を取ったようなところがありますからね。

……これ、国家機密ですよ。

 

……内定先の人事の人がこの記事を見つけて、頭を抱えませんように。

 

 

 

とにかく、

「PSFは意識高い系のウェイ系学生が、飲んで騒いで社長に洗脳されていて、いつの間にかあとに引けなくなるヤバい組織」

なんじゃないかと疑っているあなたに

「そうじゃないですよ」

って言いたかったのですが、少しでも伝わればいいなと、あわよくば見学にでも来てもらえたら嬉しいな、と思います。

 

 

 

私にとってもPSFで学んだことや得た友達は、一生モノの宝物です。

 

 

無理やり感動回にしてみました。

 

 

 

さっきまで忘年会という名の、肉食って酒を飲む会をやっていたので、今とても気持ちがいいですね。

 

いい倦怠感に包まれています。

 

 

じゃあみなさん、記事があがるのは新年明けてだいぶ経ってるかもしんないですから、まとめて言っときますね。

 

 

メリクリ、よいお年を、ゴーンゴーン、あけおめ。バレンタインチョコください。

 

 

いい気分で寝たいと思います。

 

 

おやすみなさい。

以上くにいがお送りしました。また次回〜!