インターン生ブログ

『PSFにおける動画制作チームartの存在意義』

2017/02/27

企画・マーケWEB-IT

みなさん、こんにちは。はじめまして。

動画制作チームartに所属しているタムラです。

 

 

今回は

・私がPSFに入った理由

・何故PSFでこの活動をしているのか

について書きます。

 

まずは、軽く自己紹介から。

 

タムラ(21)

国際系学部 大学4年生

趣味 サッカー観戦、フットサル、バイト

 

ではでは、

 

 

《 私がPSFに入った理由 》

 

サークルの先輩の紹介で、PSFを紹介される。

「何かしなきゃとは思っても、何したらいいかわからな〜〜い!おしえて〜〜!」 「え〜、普通の大学生だったら、こんなことしないっしょ〜〜!やば〜〜い!」

って感じで、目的もなく、とにかく行動しなきゃと想い入る。

 

自分自身何をやって良いのか本当にわからなく、とにかくマーケティング学べたら、ビジネスっぽくてカッコイイんじゃね?と思い、そこにいた大人(現顧問)に相談した。

 

そしたら

「バイトやヒトに頼まれたこと以外でお金を稼ぐ方法を知っているか」

といわれ、いや知らないし、と思った。

でも、後々

「もしヒトから仕事を与えられなくなったら、自分には何も残らないのではないか」 とも思った。

そんな感じで、じゃあ、他の人とは違う方法で稼いでみようよ。ってなり、動画制作チームになった。

特別、動画制作をやりたかった訳ではない。まじで。

 

 

《 何故PSFでこの活動をしているのか 》

 

いわゆる " 0 → 1 " を創り出せるようになるためだと思う。

PSFで存在するどのチームに置いても、主体的・自発的に価値や利益を得ることを求められている。

 

だから、長嶋社長も顧問も(利益をマジで大して得られてないけど)artを価値だと考え、生存を許してくれているのではないか。

 

だから、私たちも期待に応えたいと思って活動している。

 

 

《 結論 》

 

PSFにおける動画制作チームartの存在意義は、別にそこまでない。

 

上記で割と語ったが、顧問がめんどくさい(多分良い意味)から長嶋社長も生存を許してくれてるだけかもしれないと薄々感じている。

 

ただ、自分がやりたい事なんてそこまでないと思う。

だって、やりたい事があったら、すでにやっているっしょ。(これは顧問の受け売り)

 

だから、何もしないで文句を言うのではなく、行動してから何か言えるようになろう。ってことだと思います。(これも顧問の受け売り)

 

 

 

《 次回予告 》

今回は、長々とよく分からないことを語ったので、次回は真面目に活動内容の紹介を書くつもりです。

 

お楽しみに。。。

 

 

 

《 チーム情報 》

チーム名:art 活動人数:4年生 3人 + 顧問

活動内容:動画制作・動画マーケティング分析

MTG :毎週木曜日 19時〜

一言 :メンバーの誕生日は、絶対にお祝いします。