社長のブログ

企業の新入社員研修

2017/02/27
社長ブログ

今年、新入社員研修は6社様から依頼を受けて、合計で粗利で400万円以上はいただきました。フォロー研修も含めるともっといきます。

 

来年は、これを0円にできるようにします。

 

実務教育は必要ですが、「ビジネスマナー」「社会人への意識転換」は企業様がお金をかけてやることではありません。

 

 

しかしながら、企業様が新入社員・若手教育にお金をかけなければならない理由は何のか?

ここを突きつめていく必要があります。

 

本来、日本の義務教育の目的として、「就業意識・就職するために必要な人間力の向上」とあります。

 

問題は、「学生の卒業」と「企業の入社」との接続です。

 

 

「働き方改革」を進めるのであれば、各自の生産性を向上させなければなりません。

それを研修のみで遂行することは不可能です。

スイッチは入れることができても、業務への落とし込みや行動への転換は、個別だと思います。

 

 

企業様がかける投資は、次世代の経営層の育成・実務指導・グローバル教育・サービスの開発・理念浸透のツール、など多くあります。

とにかく、組織としての生産性を高めるために、新入社員につかう費用は優先順位が低いかと思います。

 

 

 

 

弊社のことをもちあげる訳ではありませんが。

入社前のインターンシップ期間でのOJT教育は重要だと考えています。